共通メニュー

プレスリリース

Follow gred_kun on Twitter

報道関係各位2006年10月3日

セキュアブレイン、企業向けフィッシング詐欺対策ソリューションの最新版
「PhishWall(フィッシュウォール) Ver.2.0」を10月4日(水)より販売開始
―新たに認証機能を追加し、低コストかつ柔軟な導入を実現―



 株式会社セキュアブレイン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:成田 明彦、以下「セキュアブレイン」)は、企業向けフィッシング詐欺対策ソリューションの最新版「PhishWall(フィッシュウォール) Ver.2.0」を10月4日(水)より販売を開始します。
 「PhishWall(フィッシュウォール) Ver.2.0」は、新規導入時のコストや手間を大幅に削減できる新たな認証機能が追加されました。企業の多様なWebシステムに柔軟に対応しつつ、強固なセキュリティを維持します。


 「PhishWall(フィッシュウォール)」は、セキュアブレインが独自に開発した認証技術を使い、企業とその顧客をフィッシング詐欺の脅威から守るソリューションです。Webサーバ側に導入する「PhishWall(フィッシュウォール)サーバ」と、クライアントPC側に導入する「PhishWall(フィッシュウォール)クライアント」とで構成されます。

■低コストで柔軟な導入を実現するPhishWall EX(フィッシュウォール・イーエックス)認証
 Webサイト接続時、PhishWall(フィッシュウォール)クライアントがHTTP/HTTPSプロトコルを使ってWebサーバに対する認証を行います。認証情報(認証用のファイルセット)はあらかじめ企業のWebサーバに登録しておき、Webページの閲覧ごとにPhishWall(フィッシュウォール)クライアントがランダムに要求した認証ファイルをダウンロードし、認証情報の正当性を確認できた場合にのみ真正なWebサイトであると認証します。クライアントから要求される認証情報は、高度なある手順でランダムに変化されるため、第三者が予測することはできません。
 この認証方法では新規専用サーバの構築を必要としないため、専用サーバ設置にかかる費用や手間が不要になり、低コストでより高効率の運用化を実現します。また、共同センターにWebサーバをホスティングしている環境や新たにサーバを構築することができない場合でも、企業は独自のシステムに合わせた柔軟な設計でPhishWall(フィッシュウォール)を導入することが可能です。 (※その他機能および製品詳細は添付資料1をご参照ください。)

 株式会社ディーシーカード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:片柳彰、以下「ディーシーカード」)は、明日10月4日より、同社のWebサイトにて「PhishWall EX認証」のサービス提供を開始いたします。株式会社ディーシーカードデジタル事業推進部 インターネット推進グループ 次長 日下部 圭氏は次のように語っています。「ディーシーカードでは、昨年12月より既にPhishWall(フィッシュウォール)を導入しておりましたが、新しい認証機能である 『PhishWall EX認証』のサービスを開始することで、弊社のホームページからご提供するサービスを、より安全に、より多くのお客様に提供できるものと考えております。」

 株式会社セキュアブレイン 代表取締役社長 兼 CEO 成田 明彦は、次のように語っています。「弊社のPhishWall(フィッシュウォール)は、Webサイトの安全性を瞬時にわかりやすい形で証明できますので、オンラインサービスを提供される企業様の信頼性およびブランド力の向上、更にはサービス向上に貢献できると考えます。今回販売を開始する最新版では、強固なセキュリティレベルはそのままに、導入コストを大幅に削減し、企業様ごとの多様なシステム設計に対応できるため、更に多くの企業様にご導入いただきインターネットビジネス全体の活性化に寄与できると考えております。」


販売ルート、開始日および価格について:

 「PhishWall(フィッシュウォール)サーバ Ver.2.0」は、セキュアブレイン製品取り扱い代理店を通じ10月4日(水)より販売を開始します。ライセンスはWebサイトに登録している(ログイン可能な)会員数をアカウント数として数え、年間100,000アカウントまで2,400,000円、300,000アカウントまで4,800,000円、アカウント無制限で9,600,000円です(金額はすべて税別です)。なおセキュアブレインでは、「PhishWall(フィッシュウォール)サーバ Ver.2.0」の導入拡大を目的に、2007年3月末日までの期間限定で、前記価格より廉価な販売促進キャンペーンを実施します。詳細は添付資料2をご参照ください。
 初年度導入先企業数は50社が目標です。
 「PhishWall(フィッシュウォール)クライアント Ver.2.0」は、セキュアブレインWebサイトを通じ10月4日(水)より無償提供を開始します。

◇PhishWallサーバ 製品情報ページへ
PDFアイコン添付資料1:製品概要 (PDF 143KB)
PDFアイコン添付資料2:キャンペーン概要 (PDF 109KB)
PDFアイコンニュースリリース印刷用 (PDF 113KB)


セキュアブレインについて:

 株式会社セキュアブレインは、インターネット上の様々な脅威からエンドユーザを守る、安全かつ容易に利用できるセキュリティシステムとソフトウェアなどを独自開発し販売することを目的に、成田 明彦(元株式会社シマンテック社長)を中心にインターネットセキュリティ業界で経験を重ねたスペシャリストが参画して2004年10月に設立されました。セキュアブレインは、これら技術・製品をアジア・北米諸国をはじめとしたワールドワイドを市場に展開することを見据えた『日本から発信する』セキュリティソリューションカンパニーです。



本件に関する報道関係者さまからのお問い合わせ先

株式会社セキュアブレイン 担当:金井裕美(かないひろみ)
info@securebrain.co.jp
電話:03-3234-3001、FAX:03-3234-3002  〒102-0083 東京都千代田区麹町2-6-7麹町RKビル4F

このページのトップへ