【印刷用レイアウト】

共通メニュー

マルウェアの構造や機能を理解し、インシデント発生時に的確な対処を行える知識を習得することができます。

Windowsマルウェア解析技術者養成コース(ベーシック短期集中コース)

近年のマルウェアは、ますます複雑かつ巧妙になり、一貫して進化し続けている領域です。本コースでは、マルウェアについて専門的な知識および解析ツールを用いた解析能力を習得することが可能です。弊社セキュリティアナリストが、講義および実機を使用した実践形式で研修いたします。

【受講対象者】
マルウェア対策に携わる方、マルウェア研究者、情報セキュリティご担当者、開発者など
※受講者のレベルにご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

【コースの概要】
各種ツールを利用したブラックボックス手法によるマルウェア解析技術を習得します。

【コースの内容】
●サーフェス(表層)解析
マルウェアファイル内に含まれる文字列からマルウェアの構造や機能を分析します。
●モニタリング
コンピュータリソースへのアクセスをモニタリングするツールを利用し、マルウェアのレジストリやファイルなどへのアクセスを分析します。また、ネットワーク通信モニタリングツールにより、マルウェアのネットワーク挙動を分析します。
●解析実習
マルウェアを模したサンプルプログラムを中心に解析実習を実施します。

【講習期間】
2日間 10:00~18:00(昼休み1時間含む)

【最低実施人数】
5名

【価格】
300,000円(税別)から/1名
コースのカスタマイズも承ります。料金は別途ご相談ください。

【会場】
セキュアブレインセミナールーム
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル7F

※講師の派遣も承ります。別途ご相談ください。
※講習期間4日間のベーシックコースもございます。詳しくはお問い合わせください。

Androidマルウェア解析技術者養成コース

近年のスマートフォンの急速な普及の中、Androidマルウェアが急増しております。本コースでは、短期間で、Androidマルウェアの解析ができる即戦力の人材を養成します。

【受講対象者】
マルウェア対策に携わる方、マルウェア研究者、情報セキュリティご担当者、開発者など
次の条件を満たしている方を想定しています。

・Linux系OSでコマンドラインでの操作経験がある方
・JAVA言語についての基本的な知識がある方
・Androidアプリ作成経験または同等の知識のある方
※受講者のレベルにご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

【コースの概要】
Androidマルウェアを解析するために必要な基本学習(Android セキュリティモデルやAndroidアプリケーションの仕組みの学習、等)から、実際にマルウェアを解析する実践トレーニングまで、トータルで学習することが可能です。講師は、現役の解析エンジニアです。最新のAndroidマルウェアの動向を交えつつ、講義いたします。

【コースの内容】
●Androidのセキュリティモデルについて
●Androidアプリの概要(仕組み、構成)
●解析環境の説明
●解析環境の構築
●解析実習(実マルウェアの解析)
-サーフィス(表層)解析
-詳細解析

【講習期間】
2日間 10:00~18:00(昼休み1時間含む)

【最低実施人数】
5名

【価格】
300,000円(税別)から/1名
コースのカスタマイズも承ります。料金は別途ご相談ください。

【会場】
セキュアブレインセミナールーム
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル7F

※講師の派遣も承ります。別途ご相談ください。

お支払い

講習終了後に、請求書を郵送させていただきます。弊社取引条件のサイトでのお支払いをお願い致します。

お問い合わせ

お問い合わせ

このページのトップへ