TOP > 製品&サービス > PhishWall(フィッシュウォール) > ダウンロード >

PhishWallクライアント Windows用 FireFox、Chrome版

PhishWallクライアント Windows用 Firefox、Chrome版のダウンロード

使用許諾契約書をお読みいただき、同意した上でダウンロードしてください。

使用許諾契約書
使用許諾契約書はこちら >
circle
Firefox/Chrome版インストール方法(FAQ)はこちら >
circle
※Internet Explorer版のダウンロードはこちら >

インストール終了後、ブラウザの再起動を行ってください。
PhishWallクライアントは、他のセキュリティソフトと併用してお使いいただけます。
企業ユーザの場合、管理者権限(Administrator権限)のないアカウントでは、
インストールおよび製品のアップデートができない場合がございます。
インストールに失敗した場合には、権限を変更してインストールしてください。
管理者権限については、社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。

Firefox、Chrome版のインストーラは共通です。
インストール終了後、それぞれ拡張ツールをインストールする必要があります。
Firefox版は、ソフトのインストールと同時に拡張ツールがインストールされます。
Chrome版は、Chromeウェブストアよりインストールを行って下さい。
詳細は、以下の「拡張インストールについて」をクリックして下さい。

拡張のインストールについて 

Windows用 Firefox、Chrome版のダウンロード


システム要件

PhishWallのWindows 10への対応について

2016年12月1日、PhishWallクライアント Firefox、Chrome版はWindows 10に対応いたしました。
PhishWallクライアント Firefox、Chrome版はソフトを立ち上げた時点で最新版にアップデートされますので、バージョン5をお使いのお客様は手動でのアップデートは不要です。
バージョンの確認方法はこちらをご覧ください。

Windows Vistaのサポート終了について

マイクロソフト社においてWindows Vistaのサポートが2017年4月11日に終了となったため、PhishWallクライアントにつきましても Windows Vista環境下でご利用のテクニカルサポート提供を終了致しました。
これに伴いWindows版PhishWallクライアントのサポート対象OS・ブラウザをマイクロソフト社がサポートをしているOS・ブラウザのみに変更させていただきます。

対応OS
(32/64 bit)
Windows 10
Windows 8.1
Windows 7
対応ブラウザ
(32bit)
Mozilla Firefox(最新バージョンおよび、1つ前のバージョン)
Google Chrome(最新バージョンおよび、1つ前のバージョン)
ハードディスク空き容量 10MB以上

PhishWallクライアントWindows用 Firefox、Chrome版の表示

PhishWallクライアントWindows用 Firefox、Chrome版の表示

MITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃を検知・無効化する機能

PhishWallプレミアム導入企業のWebサイトをブラウザでアクセスするタイミングで、お客様のパソコンがMITB攻撃型ウイルスに感染していないかをチェックします。
感染の徴候を発見した場合は、警告メッセージを表示し、不正な画面への入力を防ぎます。またウイルスを無効化する機能が搭載されています。
万が一、MITB攻撃型ウイルスに感染している場合でもウイルスを無効化することで、お客様はMITB攻撃を受ける危険な状態を回避することができます。詳細はこちらをご覧ください。

PhishWallクライアントの概要
PhishWallダウンロード
導入事例