セキュアブレイン、ビッグデータ分析によるキャッシュレス決済やインターネットバンキング向け 不正予兆検知サービス「SecureBrain Scam Radar BD」の販売を開始

このプレスリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

 

2019年9月3日

報道関係各位

セキュアブレイン、ビッグデータ分析によるキャッシュレス決済やインターネットバンキング
向け不正予兆検知サービス「SecureBrain Scam Radar BD」の販売を開始

 株式会社セキュアブレイン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:青山 健一、以下「セキュアブレイン」)は、キャッシュレス決済サービスやインターネットバンキング、eコマースなどを提供する企業にむけて、独自開発のロジックでビッグデータ分析し、不正決済、マネーロンダリングなどを防止する不正予兆検知サービス「SecureBrain Scam Radar BD(セキュアブレイン・スキャムレーダーBD)」の販売を開始します。

 パスワードやクレジットカード情報を狙った攻撃の手口は近年ますます巧妙化が進み、リスト型攻撃やフィッシングなどによる不正行為が後を絶ちません。「SecureBrain Scam Radar BD」は、Webサービスやモバイルアプリケーションのアクセス時に発生するテレメトリ(遠隔情報収集)データ等をリアルタイムに収集・分析します。インターネット犯罪を長年研究しているセキュアブレインがその知見を生かし、独自ロジックのビッグデータ分析で不正な取引をリアルタイムに検知し、アラート通知と共に可視化レポートを提供します。

 本サービスはキャッシュレス決済やインターネットバンキングのシステムへの組み込み作業が発生しないため、短期間での導入が可能です。本年12月末までは、新規導入を検討するユーザー向けにPoC(試験的に導入・評価)を提供します。

 セキュアブレインは今後も「最先端の技術で、安心・安全なWebサービス運営のために必要なセキュリティを提供する」スローガンのもと、最新の脅威に迅速に対応可能なセキュリティ製品を開発してまいります。


特長


●リアルタイムで不正な取引を高精度に検知しアラートを配信

●システム連携で不正な取引を停止させる処理も可能

●リスト型攻撃やなりすまし攻撃にも対応

●Webベースのダッシュボードで可視化されたレポートを提供

●導入が容易


SecureBrain Scam Radar BD」のシステム構成

SecureBrain Scam Radar BDのシステム構成

以上


PDFアイコンプレスリリース印刷用 (PDF 308KB)


セキュアブレインについて

株式会社セキュアブレインは、インターネット上の脅威が多様化する中、Webサービスを提供する事業者や企業にITセキュリティを届ける、サイバーセキュリティ専門会社です。「ネット犯罪からすべての人を守る」というミッションのもと、信頼性の高いセキュリティ情報と高品質なセキュリティ製品・サービスを提供する、日本発のセキュリティの専門企業です。

本件に関する報道関係者さまからのお問い合わせ先

株式会社セキュアブレイン 担当:丸山 芳生(まるやま よしお)

info@securebrain.co.jp

電話:03-3234-3001、FAX:03-3234-3002
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル7F

※ 記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。