セキュアブレイン、ランサムウェア対策機能を組み込むことが可能なSDK(開発キット)、「セキュアブレイン アンチランサムウェアSDK for Windows」を販売開始

このプレスリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。

2017年10月12日

報道関係各位

セキュアブレイン、ランサムウェア対策機能を組み込むことが可能なSDK(開発キット)、「セキュアブレイン アンチランサムウェアSDK for Windows」を販売開始

 株式会社セキュアブレイン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:新保 勲、以下「セキュアブレイン」)は、ソフトウェア開発企業向けにWindowsアプリケーションにランサムウェア対策機能を組み込むことが可能なSDK(開発キット)「セキュアブレイン アンチランサムウェアSDK for Windows(エスディーケイ・フォー・ウインドウズ)」を本日より販売開始します。

 今年の5月に世界規模での感染が確認され、大きな被害を及ぼしたランサムウェアWannaCry(ワナクライ)は、一旦終息したように見えますが、その後も新しい亜種による攻撃が継続されており、その対策は依然急務となっています。セキュアブレインは、WannaCryをはじめ各種ランサムウェアを解析し、ランサムウェア対策機能を組み込むことが可能なSDKを開発しました。本SDKは、保護対象として登録しているファイルなどをランサムウェアが開こうとした場合にアクセスをブロックします。パターンマッチング検知ではないため新種や亜種のランサムウェアも検知しブロックすることが可能です。ソフトウェア開発企業は、本SDKを使うことにより、自社アプリケーションにランサムウェア対策機能を実装して提供することが可能になります。

 セキュアブレインは、今後もセキュリティ専門企業として自社開発した技術をSDKとして提供してまいります。

不正アクセス監視のイメージ

soc_img.gif

「セキュアブレイン アンチランサムウェアSDK for Windows」の機能

1.ファイル保護機能

ホワイトリストに登録されていないプログラムからのファイルアクセスを監視し、保護対象に登録されているファイルへの不正アクセスを制限します。

2.保護対象登録機能

保護対象とするファイルは拡張子、およびフォルダのパスで指定することができます。

3.ホワイトリスト登録機能

登録したプログラムは不正アクセスの監視対象外となり、保護対象へのファイルアクセスは制限されません。

4.検知ログ通知機能

不正アクセスを検知するとアクセスをブロックし、コールバック登録された関数にログ情報を渡します。

動作環境

Windows 10(32bit/64bit)

Windows 8.1(32bit/64bit)

Windows 7(32bit/64bit)

価格

SDKの利用料と再配布ライセンス料が必要になります。詳細はお問い合わせください。

以上


PDFアイコンプレスリリース印刷用 (PDF 244KB)

セキュアブレインについて

株式会社セキュアブレインは、インターネット上の脅威が多様化する中、Webサービスを提供する事業者や企業にITセキュリティを届ける、サイバーセキュリティ専門会社です。「ネット犯罪からすべての人を守る」というミッションのもと、信頼性の高いセキュリティ情報と高品質なセキュリティ製品・サービスを提供する、日本発のセキュリティの専門企業です。詳細は、http://www.securebrain.co.jp をご覧ください。

本件に関する報道関係者さまからのお問い合わせ先

株式会社セキュアブレイン 担当:丸山 芳生(まるやま よしお)
info@securebrain.co.jp
電話:03-3234-3001、FAX:03-3234-3002
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル7F
※ 記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。