セキュアブレインのフィッシング対策ソリューション「PhishWall」を千葉銀行が採用、2月25日よりサービス開始

このプレスリリースに記載されている情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表時点のものです。最新の情報につきましては、こちらのお問い合わせ先にご確認ください。


2008年2月20日

報道関係各位

セキュアブレインのフィッシング対策ソリューション「PhishWall」を千葉銀行が採用、2月25日よりサービス開始

株式会社セキュアブレイン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:成田 明彦、以下「セキュアブレイン」)は20日、株式会社千葉銀行(本店:千葉県千葉市、取締役頭取:竹山 正、以下「千葉銀行」)が、同行のインターネット・バンキングやホームページを利用する顧客をフィッシング詐欺から未然に守る対策ソリューションとしてセキュアブレイン「PhishWall(フィッシュウォール)」を採用し、2月25日(月)からサービスを開始すると発表しました。

近年、インターネット・バンキングの普及に伴い、巧妙に偽のWebサイトにアクセスさせ、盗み取った個人情報を悪用するフィッシング詐欺が発生しています。2007年12月に金融庁が発表した報告書によると、同年4月から9月までの半年間に報告された「インターネット・バンキングによる預金等不正払戻し」件数は137件、金額にして1億5300万円に上り、前年同期の約4倍へと大幅に増加しています。このため金融機関各社は、顧客をフィッシング詐欺から守り、安心してインターネット・バンキングを利用できる体制構築への早急な取り組みを強く求められています。

こうした中、千葉銀行では顧客が安心してWebサイトを利用できる環境を早急に提供したいとフィッシング対策ソリューションの選定を進めており、このほど、セキュリティレベルの高さ、顧客にとってのわかりやすさ、導入のしやすさが高く評価され、「PhishWall(フィッシュウォール)」の採用が決まりました。千葉銀行へは、株式会社日立情報システムズ(以下、「日立情報」)が納入しました。

サービス開始後は、顧客が千葉銀行の真正Webサイト(http://www.chibabank.co.jp/)にアクセスすると、顧客のブラウザのツールバーで動作する「PhishWall(フィッシュウォール)クライアント」に緑色の信号が表示され、一目で安全であることが証明されます。

セキュアブレインは、今後も日立情報との連携を一層深め、金融機関等に対してインターネット・バンキングの安全性向上のためのソリューション提供を積極的に推進し、PhishWall(フィッシュウォール)を業界標準にしていきたいと考えております。

PDFアイコンニュースリリース印刷用 (PDF 160KB)

セキュアブレイン PhishWall(フィッシュウォール)とは:

PhishWall(フィッシュウォール)は、接続したWebページが本物であるかどうかを、IPアドレスおよびURLの確認、独自の認証によって、真正性を確実にわかりやすく表示するフィッシング対策ソリューションです。 顧客がPhishWall(フィッシュウォール)サーバ導入企業のWebサイトにアクセスすると、その真正性を顧客のブラウザ上に「緑」の信号で表示しますので、顧客は一目でそのWebサイトが本物だとわかります。 顧客PCにインストールするPhishWall(フィッシュウォール)クライアント(無料)は、すでに150万人を超えるお客様にご利用いただいております。PhishWall(フィッシュウォール)の詳細は製品紹介ページをご参照ください。

PhishWall(フィッシュウォール)採用企業(2008年2月20日時点、五十音順、敬称略):

・株式会社沖縄銀行 (www.okinawa-bank.co.jp)
・株式会社オリエントコーポレーション (www.orico.co.jp)
・株式会社 外為どっとコム (www.gaitame.com)
・株式会社 山陰合同銀行  (www.gogin.co.jp)
・株式会社ジェーシービー (www.jcb.co.jp)
・株式会社常陽銀行 (www.joyobank.co.jp)
・株式会社千葉銀行(www.chibabank.co.jp)-2月25日よりサービス開始
・株式会社東邦銀行(www.tohobank.co.jp)
・株式会社ニッセン (www.nissen.jp)
・三菱UFJニコス株式会社 (www.dccard.co.jp)
・株式会社 武蔵野銀行 (www.musashinobank.co.jp)

セキュアブレインについて: 株式会社セキュアブレインは、インターネット上の脅威が多様化する中、「より快適で安心できるネットワーク社会を実現するために、一歩進んだ技術で貢献する」というビジョンのもと、信頼性の高いセキュリティ情報と高品質なセキュリティ製品・サービスを提供する日本発のセキュリティの専門企業です。詳細は、www.securebrain.co.jp をご覧ください。

本件に関する報道関係者さまからのお問い合わせ先

株式会社セキュアブレイン 担当:金井裕美(かないひろみ)
info@securebrain.co.jp
電話:03-3234-3001、FAX:03-3234-3002  〒102-0083 東京都千代田区麹町2-6-7麹町RKビル4F