モバイル向けなりすまし検知SDK「MORE」
TOP > 製品&サービス >

モバイル向けなりすまし検知SDK「MORE」

モバイル端末を操作する様々な情報を収集し、なりすましログインを検知

「MORE」は金融機関に限らず、モバイル向けアプリになりすまし検知機能を組み込むことが可能なSDK(開発キット)です。モバイル端末を操作するさまざまな人の動的要素やOS、ネットワーク環境など数百のパラメータ情報を収集し、なりすましログインをリアルタイムで導入企業へ通知します。統計情報はWebベースのコンソールで管理します。アプリ開発企業は、このSDKを使う事によって、自社アプリに簡単になりすましログイン検知機能を実装したアプリを提供することが可能になります。

なりすましログイン検知のフロー

なりすましログイン検知のフロー

特徴

・人の動的要素をデータベース化(腕の高さ、腕の動きのスピード、デバイスの角度など)

・数百のパラメータ情報を取得し、機械学習技術によるリスクスコアで判定

・デバイス・フィンガー・プリントを取得

・デバイス起動中の環境をチェック(OSの監視など)

・地理的要素、ネットワーク環境(通常使用しているWi-Fiかなど)をチェック

・デバイス内ファイルのロボット的な動作をチェック

・マルウェア検知機能を搭載

・Webベースのコンソールで統計管理が可能

・ユーザエクスペリエンスには一切介入せず(検知アラートなどは表示しない)すべてコンソール上で疑わしい動作を確認

・銀行やカード会社、ECサイト以外の業界でも、ログイン認証が必要な業界すべてが利用可能

       
        

動作環境

iOS 8以上、Android OS 4.1以上、Windows Phone 8.1または10

       

価格

初期導入費(初年度のみ)とユーザ数に対しての年間ライセンス料が必要になります。詳細はお問い合わせください。


ご購入前のお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

※「MORE」は、イタリアXTN社の製品です。