PhishWallとRapportを併用しているお客様で、PhishWall3.7.2に更新後、Internet Explorerの動作が停止する場合の対処法について

Rapport(ラポート)ご利用中にPhishWalを3.7.2に更新されますと、Internet Explorerの動作が停止される現象が確認されました。

PhishWallをご利用のお客様にはご不便をおかけいたしまして
誠に申し訳ございません。

3.7.2_iec1.png
3.7.2_iec2.png

本現象を改善するためにPhishWallの新しいバージョンをリリースしましたので、
既にPhishWall3.7.2へ更新済みの方は、お手数ではありますが、
PhishWallの再インストールを実施いただくか、
下記に添付しましたpwapa32.dllのファイルの置き換えをお願いいたします。


PhishWallの再インストール方法

1.コントロールパネルの『プログラムと機能』より"PhishWall"を選択し、アンインストールします。
 詳しくは「Internet Explorer版アンインストール方法」の参照をお願いします。
 ※ "PhishWall Client"と表示されている物は、Firefox/Chrome版です。
   削除の際はご注意ください。

2.改めてPhishWallをダウンロードし、インストールします。
 詳しくは「Internet Explorer版インストール方法」の参照をお願いします。

3.PCを再起動し、Internet Explorerを起動します。
 PhishWallツールバーが表示されていることを確認のうえ、
 Internet Explorerが動作を停止する現象が改善するか確認します。


pwapa32.dllのファイル置き換え方法

1.「pwapa32.zip」をクリックし、pwapa32.zipをダウンロードします。

2.pwapa32.zipを解凍し、pwapa32.dllがあることを確認します。

3.以下のフォルダを開き、先ほど解凍したpwapa32.dllを上書きします。
 C:\Program Files (x86)\SecureBrain\PhishWall
 ※上記フォルダが存在しない場合は、下記フォルダを開きます。
 C:\Program Files\SecureBrain\PhishWall

4.PCを再起動し、Internet Explorerを起動します。
 PhishWallツールバーが表示されていることを確認のうえ、
 Internet Explorerが動作を停止する現象が改善するか確認します。