クロスドメインスクリプトとは何ですか?

スクリプトにより行われる解析対象ドメイン外への転送です。 
現在改ざんの主流は、ページにクロスドメインスクリプト (外部のドメイン)が
挿入され、問題のあるファイルが自動的にダウンロードされる事に
より感染が広がっているため、GRED Web改ざんチェックは
クロスドメインスクリプトを検知し、アラートメールでお知らせいたします。 

また、リダイレクト(URL redirection)されている場合、ガンブラー
などスクリプト系の悪質なURLを特定するために、解析対象のドメインを
超えて、その一つ先のリンクまでを解析の範囲とする仕様となっております。

昨今の改ざんのケースとして、Gumblarなどに見られる、javascriptで
redirectされるケースが多いため、このような仕様になっております。