【印刷用レイアウト】

共通メニュー

マルウェア感染サイトやフィッシングサイト、ワンクリック詐欺サイトなど、悪質サイトのURLデータを提供します。

セキュアブレインは、自社開発のコンテンツ・スキャン・エンジンで解析し収集した、悪質サイトのURL(マルウェアを配布するサイトや、不正に改ざんされたサイト、標的型攻撃で使用される可能性のあるサイト、C&C(コマンド&コントロール)サーバなどの不正攻撃サイト、フィッシングサイト、ワンクリック詐欺サイトなどをインターネット・セキュリティ対策企業に提供するサービスを行っています。



悪質サイトURL配信システム

本システムは、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)のnicter(Network Incident analysis Center for Tactical Emergency Response)と連携しています。nicterは、NICTのネットワークセキュリティ研究所サイバーセキュリティ研究室で研究開発を進めているシステムで、インターネット上で時々刻々と発生しているセキュリティインシデントへの迅速な対応を目指したサイバー攻撃観測・分析・対策システムです。(参考URL:http://nict.go.jp/nsri/cyber/research.html
また、大阪府警から提供されている、代金を先払いさせて商品を発送しないサイトや、偽ブランド品の販売サイトの情報も付加されています。



悪質サイトURL配信システム

導入実績 - ネットスター株式会社様

本システムで収集し強化されたネットスターの悪質サイトのリストは、アルプスシステムインテグレーション株式会社の「InterSafe WebFilter」やトレンドマイクロ株式会社の「InterScan WebManager」をはじめとするパートナー各社のフィルタリング製品・サービスや、同社が提供する中小法人向けフィルタリングサービス「サイトアンパイア」、スマートデバイス向けサービス 「NetSTAR ビジネススマートセキュリティ」や「NetSTAR ビジネスブラウザ」など、ネットスターが提供するすべての製品・サービスに反映されています。



お問い合わせ

お問い合わせ

このページのトップへ