【印刷用レイアウト】

共通メニュー

ウイルス対策のノウハウが無くてもウイルス対策機能が実装可能なSDK(開発キット)です。

Cloud Antivirus SDKの特長

ウイルス定義ファイルのメンテナンスが不要
Cloud Antivirus SDKのウイルス情報や解析エンジンは、セキュアブレインが運用するクラウドにあり、スキャンもクラウドで行いますので、アプリケーション開発企業は自社でウイルス定義ファイルをメンテナンスする必要がありません。

消費電力や通信量を低減するクラウド型アンチウイルステクノロジー
Cloud Antivirus SDKの不正アプリ検知システムは、クラウドからクライアントへ常に最新の保護が提供されるアーキテクチャです。従来型のウイルス対策製品のような定期的なスキャンや、手動スキャンは不要な設計になっています。クラウドを活用することにより、端末の余計なバッテリー消費をなくし、通信量も最小限に抑えることが可能です。

※本SDKの不正アプリ検知システムは、特許取得済です。(特許番号:第6030566号)

実装可能な機能

構成図1

構成図2

※本SDKを使用し開発した「SecureBrainアンチウイルス」は、Google Playよりダウンロードが可能です。(無料)

製品構成

・ライブラリ ・・・・・・・・・・・・・・・・ アンチウイルス機能を実装するために必要なライブラリ
・サンプルアプリケーション・・・・ 本SDKを使用したサンプルアプリケーション
・プログラマーズガイド ・・・・・・・ 開発者向けのマニュアル

動作環境

Android OS 2.1以上
 ※ARMアーキテクチャの端末が対象です。

価格

SDKの利用料と再配布ライセンス料が必要になります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ

このページのトップへ

ЃRlNg

BB\tgT[rX

ЃVXei

IVWAg

AXSEED